Archive for 2014

NYでエボラ陽性反応

 ニューヨーク州のクオモ知事とニューヨーク市のデブラシオ市長が23日に記者会見で発表した所によると、西アフリカのギニアでエボラ出血熱の治療活動に参加して帰国したアメリカ人男性医師(33)が、エボラ出血熱の陽性反応が確認されたそうです。

 この医師は「国境なき医師団」の一員としてギニアで活動し、今月17日にニューヨークに戻っていました。23日朝から発熱など感染の兆候が表れ、すぐに隔離施設を整えた市内の病院に収容されました。その前日の夜には、ニューヨークで地下鉄に乗ってボウリング場に出かけており、感染の拡大が懸念されます。

 どうも先進国の対応が楽観的でいけません。感染地域からの帰国者、特に医療従事者は他者と接触しないように特別機で帰国させ、潜伏期間が過ぎるまで完全隔離しておくべきです。あるいは、現地で潜伏期間が過ぎるまで隔離した後帰国させるか、どちらかにするべきでしょう。先進諸国で感染が広がるような事態になったら、それこそ収拾がつかなくなります。

中年の星、未成年部員に飲酒させる

 2004年に開催されたアテネオリンピックのアーチェリー男子個人で、銀メダルを獲得した山本博氏(51)が5月、部長を務めていた日本体育大学アーチェリー部の未成年部員に飲酒させていたことが判明しました。
 山本氏は6月23日に部活動を所管する「学友会」に辞任を申し出て、7月1日に受理されています。

 静岡県掛川市で世界学生選手権最終選考会が開かれていた5月8日、山本氏は市内の飲食店に部員やコーチと入店した際、未成年の部員2人にワインを勧めて飲ませたそうです。同大学の広報課によると、山本氏は「成績が良かったことがうれしく、心が大きくなってしまった。未成年に飲酒させてはならないのは当然で、大変重く受け止め反省している」とコメントを出していると言うことです。

 山本博氏は、日本体育大学在学中に出場したロサンゼルスオリンピックのアーチェリー男子個人で銅メダルを獲得。41歳になったアテネオリンピックでも、同じ種目で銀メダルを獲得、「中年の星」と呼ばれて脚光を浴びました。
 今年4月には東京都体育協会会長に就任し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてジュニア選手の育成に取り組んでいたのですが、残念です。

インデックス会長と社長を逮捕

 東京地検特捜部は28日、経営破綻したゲームソフト制作会社「インデックス」(東京都世田谷区)が粉飾決算をしたとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、同社会長の落合正美容疑者(54)と妻で社長の善美容疑者(48)を逮捕しました。落合容疑者は容疑を否認していると言うことです。

 インデックスは1995年に設立され、その後積極的なM&Aでアニメーション制作会社のマッドハウスや、ゲーム制作会社のアトラス、玩具メーカーのタカラ、NECインターチャネル、日活等を次々に傘下に収め、ピーク時には100社以上の企業グループを形成していまし。
 2002年にはタカラ(現タカラトミー)などと共同開発した犬とコミュニケーションが取れるおもちゃ「バウリンガル」がイグノーベル賞を受賞。ITバブルの波に乗って急成長を遂げましたが、その後メーンバンクだった日本振興銀行が破綻し債権の大半が焦げ付くなどして業績が急速に悪化。粉飾決算が行われたとされる2012年8月期決算まで、5期連続で赤字を計上。昨年6月に東京地裁に民事再生法の適用を申請していましたが、地裁は民事再生手続きの廃止を決定。今後、破産手続きに入る見通しです。