Archive for 12月, 2012

ガンプラ作り世界一が決定

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)作りの世界一を決めるコンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ2012」の表彰式が23日、ダイバーシティ東京にある「ガンダムフロント東京」で開催されました。

ガンプラビルダーズワールドカップは、ガンプラの工作技術・塗装技術・アイデアなどを競うバンダイ主催の公式大会。この日、世界の予選を勝ち抜いたジュニアコース(14歳以下)11作品、オープンコース(15歳以上)13作品の製作者とその作品、計24作品が会場に集結した中で、見事世界一の栄冠に輝いたのは、ジュニアコースではインドネシアのアレン・フェブリアントさん、オープンコースでは香港のン・エディさん。

オープンコース2位はフィリピンのアリステオ・ラミグ・サーバトラ・ジュニア、3位は韓国のゴ・グオンチョル。
ジュニアコース2位は香港のヴィンセント・ホイ、3位はタイのクリット・ソバマ。残念ながら、オープンコース日本代表の六笠勝弘さんと、ジュニアコース日本代表の畑めいさんは入賞を逃しました。

民主党、歴史的大惨敗

16日に投開票された衆議院選挙で、民主党は歴史的な大惨敗を喫しました。

民主党は前回2009年の衆議院選挙で308議席を獲得し1998年の結党以来て初めて政権与党となりましたが、その後離脱者が相次いで、公示前は230議席。それが今回の選挙で公示前の1/4以下となる57議席にまで落ち込みました。前回選挙と比べると1/5以下、前代未聞の大敗です。2005年の小泉郵政選挙の時も175議席から113議席に減らし、歴史的大敗と言われましたが、今回はそれを遙かに上回る歴史的大惨敗と言えます。

とくに藤村修官房長官、城島光力財務相、樽床総務相、田中眞紀子文科相、三井辨雄厚労相、小平忠正国家公安委員長、中塚一宏金融相と戦後最多となる現役7閣僚(国民新党の下地幹郎郵政改革相も含めると8閣僚)が落選。さらに齋藤勁官房副長官、寺田学ら首相補佐官3人、副大臣・政務官23人など政務三役が大量に落選しています。
そのほかにも仙谷元官房長官、鹿野元農水相、川端達夫元文科相、小宮山洋子元厚労相など多くの閣僚経験者である主要議員が落選。さらに菅直人元首相、横路孝弘前衆院議長、海江田万里元経産相、原口一博元総務相、赤松広隆元農水相らが小選挙区で落選し、辛くも比例で復活当選を果たすなど総崩れの状態。

民主党を一言で言うと「仕事が出来ない政党」でしたから、無理もないでしょう。対応のまずさを批判されると「あれは自民党が」「あれは官僚が」と、いいわけと責任転嫁の連続。有権者が見捨てるのも当然です。

誘拐身代金1億8千万円隠した中国人に罰金

横浜区検察庁は10日、今年5月にヨーロッパで発生した誘拐事件で得た犯罪収益約1億8136万円を隠したとして、中国籍で横浜市泉区の会社役員秦耕耘容疑者(25)を組織犯罪処罰法違反で横浜簡裁に略式起訴しました。

秦容疑者は5月14~15日、神奈川県大和市の金融機関に開設された秦容疑者の会社名義の口座に送金された計約1億8136万円について、誘拐事件の身代金として得られた犯罪収益と認識しながら、金融機関に対して「商取引の手付金だ」などと虚偽の説明をたとされています。また、金額の一部を香港の口座へ送金しようとしていたと言うことです。

同簡裁は同日、罰金100万円の略式命令を出しましたが、それで終わりなのか?。だとすれば、金額の大きさや誘拐事件で得た犯罪収益であることを考えると余りに軽い判決です。取り締まる法律がないなら、今後は法的な整備も進めていくべきでしょう。国際化の時代、こういった犯罪は今後も増えていくはずですから。