Archive for the ‘政治・経済’ Category

車7社、円安効果2500億円

アベノミクスによる円安の進行で、自動車大手8社のうち5社が2013年3月期の連結営業利益予想を上方修正しました。公表していない日産自動車を除く7社の円安効果は、営業利益ベースで約2500億円に達するなど、自動車業界はアベノミクスの恩恵を大きく受けているようです。

円安の恩恵は、特に国内生産300万台体制を維持してきたトヨタ自動車や、国内生産の割合が全体の7割を超える富士重工業、マツダに大きく表れています。
トヨタは2013年3月期の連結営業利益を従来予想より1000億円多い1兆1500億円に上方修正しましたが、 このうち1400億円が円安効果だということです。同じく富士重工は従来予想より250億円多い1070億円に引き上げ、このうち233億円が円安効果で、初めて1000億円の大台に乗せています。
また、円高による輸出採算の悪化で苦しんできたマツダは、税引き後利益で5年ぶりに黒字転換するのが確実とみられています。

車、電機、半導体、造船等々、日本の輸出産業が低迷し、中国や韓国などにシェアを奪われている理由は様々挙げられていますが、最大の原因は円高です。テレビもサブプライムショック以前の円安時代には世界一のシェアを持っていましたが、円高で総崩れ。海外で韓国のテレビを買った消費者にインタビューしても、理由は「安いから」。

民主党、歴史的大惨敗

16日に投開票された衆議院選挙で、民主党は歴史的な大惨敗を喫しました。

民主党は前回2009年の衆議院選挙で308議席を獲得し1998年の結党以来て初めて政権与党となりましたが、その後離脱者が相次いで、公示前は230議席。それが今回の選挙で公示前の1/4以下となる57議席にまで落ち込みました。前回選挙と比べると1/5以下、前代未聞の大敗です。2005年の小泉郵政選挙の時も175議席から113議席に減らし、歴史的大敗と言われましたが、今回はそれを遙かに上回る歴史的大惨敗と言えます。

とくに藤村修官房長官、城島光力財務相、樽床総務相、田中眞紀子文科相、三井辨雄厚労相、小平忠正国家公安委員長、中塚一宏金融相と戦後最多となる現役7閣僚(国民新党の下地幹郎郵政改革相も含めると8閣僚)が落選。さらに齋藤勁官房副長官、寺田学ら首相補佐官3人、副大臣・政務官23人など政務三役が大量に落選しています。
そのほかにも仙谷元官房長官、鹿野元農水相、川端達夫元文科相、小宮山洋子元厚労相など多くの閣僚経験者である主要議員が落選。さらに菅直人元首相、横路孝弘前衆院議長、海江田万里元経産相、原口一博元総務相、赤松広隆元農水相らが小選挙区で落選し、辛くも比例で復活当選を果たすなど総崩れの状態。

民主党を一言で言うと「仕事が出来ない政党」でしたから、無理もないでしょう。対応のまずさを批判されると「あれは自民党が」「あれは官僚が」と、いいわけと責任転嫁の連続。有権者が見捨てるのも当然です。