Archive for the ‘スポーツ’ Category

中年の星、未成年部員に飲酒させる

 2004年に開催されたアテネオリンピックのアーチェリー男子個人で、銀メダルを獲得した山本博氏(51)が5月、部長を務めていた日本体育大学アーチェリー部の未成年部員に飲酒させていたことが判明しました。
 山本氏は6月23日に部活動を所管する「学友会」に辞任を申し出て、7月1日に受理されています。

 静岡県掛川市で世界学生選手権最終選考会が開かれていた5月8日、山本氏は市内の飲食店に部員やコーチと入店した際、未成年の部員2人にワインを勧めて飲ませたそうです。同大学の広報課によると、山本氏は「成績が良かったことがうれしく、心が大きくなってしまった。未成年に飲酒させてはならないのは当然で、大変重く受け止め反省している」とコメントを出していると言うことです。

 山本博氏は、日本体育大学在学中に出場したロサンゼルスオリンピックのアーチェリー男子個人で銅メダルを獲得。41歳になったアテネオリンピックでも、同じ種目で銀メダルを獲得、「中年の星」と呼ばれて脚光を浴びました。
 今年4月には東京都体育協会会長に就任し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてジュニア選手の育成に取り組んでいたのですが、残念です。

本田圭佑、ミラン入団会見

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)の名門、ACミランに加入した日本代表MF本田圭佑(27)の入団記者会見が8日、チームの本拠地、サンシーロスタジアムで行われました。会見で本田は「とてもワクワクしている。とにかくできることを全部する」と意気込みを語っています。

 本田圭佑は2005年、星稜高校卒業時に複数のJリーグクラブから勧誘を受け、名古屋グランパスエイトとプロ契約を結びました。名古屋加入時の契約では、本人の希望により「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていました。2008年1月、エールディビジ(オランダ1部リーグ)のVVVフェンローへ移籍。
 2008年6月に開催されたFIFAワールドカップ・アジア3次予選の対バーレーン戦で、A代表初出場を果たし、2009年5月27日のキリンカップの対チリ戦で、A代表初得点を記録。
 2010年には、冬の移籍市場で移籍金900万ユーロ(約12億円)の4年契約でロシア・プレミアリーグの強豪CSKAモスクワへの移籍。4年間で103試合に出場、21得点を挙げ、2013年12月に契約満了でCSKAモスクワを退団していました。
 日本代表としては2008年以降国際Aマッチで52試合に出場し、20得点を挙げています。

応援ボトル

ロアッソ熊本のユニフォームスポンサーである熊本県人吉市の高橋酒造株式会社は、本格米焼酎「白岳しろ ロアッソ熊本応援ボトル2013年版」を2013年9月2日より、熊本エリア限定で発売するそうです。

ロアッソ熊本は、熊本県熊本市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。2004年12月に設立された株式会社アスリートクラブ熊本が運営会社で、ホームスタジアムは「うまかな・よかなスタジアム(熊本県民総合運動公園陸上競技場)」ですが、熊本市水前寺競技場でもホームゲームを開催しています。
母体となったのは、1969年に創部された日本電信電話公社熊本サッカー部。その後親会社の組織形態の変遷に伴ってチーム名も変遷、2002年からは「アルエット熊本」の名称でクラブチームとなっていました。

2004年9月に発足した「熊本にJリーグチームを」県民推進運動本部は、アルエット熊本を母体としてプロサッカークラブを設立する方針を決定。2004年12月に運営会社として株式会社アスリートクラブ熊本(AC熊本)を設立し、2005年2月にロッソ熊本が発足。2008年に商標権の問題で「ロアッソ熊本」へ改称しました。

昨年はJ2でクラブワーストの14位に終わり、シーズン終了後に高木監督が退任しましたが、天皇杯は3回戦でJ1仙台に勝利し、クラブ史上初めて4回戦へ進出しています。しかし、2013年シーズンも成績不振により7月10日に監督が退任するなど、苦しい戦いが続いています。