デビッド・ボウイさん死去

 イギリスのロックミュージシャンで俳優のデビッド・ボウイ氏が亡くなった事を公式ツイッターが伝えました。69歳でした。

 癌で闘病中だったそうです。亡くなる2日前の69歳の誕生日に、アルバム「ブラックスター」をリリースしたばかり。そのアルバムの曲には、自らの死期を悟ったボウイからファンへのメッセージが盛り込まれている言うことです。

 多くの日本人は、大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」を思い出すでしょう。イギリス軍人役で出演し、ビートたけし、坂本龍一らと共演していました。

 日本では、遺作となった8日発売のアルバム「ブラックスター」の売り上げが急増し品切れが続出。追加の注文が相次いだためレコード会社の在庫が底をつき、追加生産に追われています。主な過去の作品の生産、販売を手掛けるワーナーミュージックにもヒット作「ジギー・スターダスト」や「レッツ・ダンス」等の注文が殺到。ヒット曲のダウンロード数も急増しており、11日には2700%増しになっています。

 ポール・マッカートニー(73)は「彼と一緒にいられた時間は宝物。イギリス音楽の歴史そのものだ」と語り、ローリング・ストーンズは「大変悲しいニュースだ。凄いショックだ。素晴らしく唯一無二のアーティストだった」と、いずれもツイッターなどで一緒に写る写真を紹介して故人を偲びました。マドンナ(57)も「私の人生を変えた偉大なアーティスト。会えて本当に幸運だった」とコメントしています。

 音楽業界以外でも、サッカーの元イギリス代表デビット・ベッカム氏は「想像力あふれる天才で私たち全員に影響を及ぼした」と、その死を悼みました。

Comments are closed.