本田圭佑、ミラン入団会見

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)の名門、ACミランに加入した日本代表MF本田圭佑(27)の入団記者会見が8日、チームの本拠地、サンシーロスタジアムで行われました。会見で本田は「とてもワクワクしている。とにかくできることを全部する」と意気込みを語っています。

 本田圭佑は2005年、星稜高校卒業時に複数のJリーグクラブから勧誘を受け、名古屋グランパスエイトとプロ契約を結びました。名古屋加入時の契約では、本人の希望により「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていました。2008年1月、エールディビジ(オランダ1部リーグ)のVVVフェンローへ移籍。
 2008年6月に開催されたFIFAワールドカップ・アジア3次予選の対バーレーン戦で、A代表初出場を果たし、2009年5月27日のキリンカップの対チリ戦で、A代表初得点を記録。
 2010年には、冬の移籍市場で移籍金900万ユーロ(約12億円)の4年契約でロシア・プレミアリーグの強豪CSKAモスクワへの移籍。4年間で103試合に出場、21得点を挙げ、2013年12月に契約満了でCSKAモスクワを退団していました。
 日本代表としては2008年以降国際Aマッチで52試合に出場し、20得点を挙げています。

Comments are closed.