ガンプラ作り世界一が決定

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)作りの世界一を決めるコンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ2012」の表彰式が23日、ダイバーシティ東京にある「ガンダムフロント東京」で開催されました。

ガンプラビルダーズワールドカップは、ガンプラの工作技術・塗装技術・アイデアなどを競うバンダイ主催の公式大会。この日、世界の予選を勝ち抜いたジュニアコース(14歳以下)11作品、オープンコース(15歳以上)13作品の製作者とその作品、計24作品が会場に集結した中で、見事世界一の栄冠に輝いたのは、ジュニアコースではインドネシアのアレン・フェブリアントさん、オープンコースでは香港のン・エディさん。

オープンコース2位はフィリピンのアリステオ・ラミグ・サーバトラ・ジュニア、3位は韓国のゴ・グオンチョル。
ジュニアコース2位は香港のヴィンセント・ホイ、3位はタイのクリット・ソバマ。残念ながら、オープンコース日本代表の六笠勝弘さんと、ジュニアコース日本代表の畑めいさんは入賞を逃しました。

Comments are closed.